サイトをブログ形式にするか、それとも通常形式にするか

サイトをブログ形式にするか、それとも通常形式にするか

ARCARADIO(@arcaradiofficia)です。

サイトをどういった形で運用するかは大変悩むところですが、とりあえずブログ形式に戻しました。

ブログ形式のメリット

ブログ形式で運用することによるメリットは、大まかに言うと下記の3つです。

・SEOに強い
・自分の意思を明確に伝えられる
・コンテンツが蓄積しやすい

ブログの場合、こうやって雑文を垂れ流しながら書いてるだけでサイト内にコンテンツが蓄積されますので、見ている人を飽きさせないことに加え、SEOにも強くなるという利点があります。

僕の場合は音楽をメインに活動してますので、SEOからブログを読んでそのまま音楽を聴いてくれることが期待できるでしょう

通常サイトのメリット

一方、通常サイトのメリットとしては、下記のような点が挙げられます。

・管理が楽
・デザインや世界観重視で作れる
・情報の取得が容易

通常サイトの場合、ブログとは違ってデータベースを使うことがありませんので、管理が楽です

ARCARADIOも当初はブログ型のサイト運営をしていたのですが、データベースとの接続が上手くいかなくなったので破棄しました。

記事数が少なかったので事なきを得ましたが、もし100記事とか貯まっていたら取り返しがつかないことになってましたね。

ちなみに、システムのバグではなく完全に自分のミスです。

 

また、ブログの場合はコンテンツが多い分情報の取得に難が生じますが、通常サイトであればその限りではありません。

見やすく管理しやすく、デザインで世界観を表現しやすいのが通常サイトの利点と言えるでしょう。

ブログ形式に戻した理由

このサイトは当初ブログ形式で始まり、一旦通常サイトに戻し、再度ブログになったという面倒くさい経緯があります。

何故ブログに戻したかというと、やっぱり文章で色々書きたいなぁと思ったからです。

先日通常サイトに戻す時にTwitterアカウントを作成しましたが、Twitterはやっぱり140文字制限があって思うように書けないんですよね。

長文を書くことも不可能ではありませんが、140文字で一旦途切れますので、こんなにテンポ良く書けません。

どうやら、僕は文章を書くのが結構好きみたいです。

ARCARADIOは音楽を主体にして活動しているユニットですが、音楽を作るのと文章を書くのどっちが好きかと問われたら、もしかしたら文章の方かもしれません。

ただ、どっちが得意かと言われると間違いなく音楽に軍配が上がるので、なかなか難しいところですね。

音楽というメディア

個人的に、音楽というメディアはメッセージ性が薄いように思います

メッセージ性が薄いので、一つの楽曲に対して複数解釈の余地が生まれ、製作者が本来伝えたいメッセージが伝わらないということも少なくないのではないでしょうか。

それは作品が持つエンターテイメント性の一つだと思うんですけど、時にそれがもどかしく感じてしまうことがあるんですよね。

今現在の僕の立ち位置としては、「自分が心地よく音楽ができる場所を求めている」という初期段階です。

それは大勢の人に聴いてもらえる状態ではなく、僕が発しているメッセージに強く共感している人に囲まれている状態の方がイメージとして近いでしょう。

そのためには音楽だけでは不足だなと感じ、こうやってブログやTwitterをしている次第です。

僕は感情的な揺らぎが激しく、すぐに嫌になって投げ出す癖があるので、可能な限り重厚な土台作りをしておきたいんですよね。

昔と今の立場の違い

昔は難しい立場にあったので振る舞いや言動にもそれなりに気をつけていましたが、今は僕一人だし、昔に比べると注目度も大きく下がっているので気楽なものです。

特に言動に気をつけるつもりもないので、見ている人にとっては多少不愉快なことも言うかもしれませんが、それも含めての芸術活動ということで許容して頂けると幸いです。

どれだけ取り繕っても、僕がこういったパーソナリティーだからああいった曲が生まれる、ことに何一つ変わりはありません。

いい加減臭いものに蓋をするだけじゃなく、都合の悪い現実をしっかりと直視した方がいいんじゃないかと思うんですよね。

もう子供じゃないんだから。

サイト運営カテゴリの最新記事